レディー

防火対策や液状化対策によるセーフティネット|安心して暮らす

定期点検サービス

ヘルメットと作業服

防火対象物点検は、これまでに起きた悲惨なビル火災のような事故を、二度と起こさないように設置されたものです。ちゃんと定期的に行わなければ消防法の違反ということになってしまいます。点検を怠ったオーナーが罪に問われる可能性も充分にあるというわけで、ビルにはきちんと点検資格者を置き、定期点検を行わなければならないのです。

点検を行わなければいけないとわかっていても、ビル経営のオーナーにとっては、定期点検を自分で用意して、手続きして行うというのもなかなか忙しい中では難しい話になってしまいます。特に、防火対象物点検というきわめてシリアスな点検に関しては、片手間でやるのも危険です。そういうわけで、現在では定期点検サービスを提供する業者への委託が行われています。ビルのオーナーが依頼して、定期点検をお願いするのです。点検業者では、ビルの状況や規模などをまとめた上で料金を決めるというシステムになっています。ビルの今後のことを考えるためにはぜひとも必要な、防火対象物点検はこのようにして、行われているのです。

火災を防ぐには、各ビルに設置されている防火対象物点検を怠ってはいけません。今後も火災を起こさないためにも、しっかりと点検を行って、万が一、火災が発生してしまった時に備えて準備をしておきましょう。これは、どのビルでも共通なのです。また、きちんと点検を行ってくれる業者を選ぶ必要もありますので、しっかりと行ってくれるのかどうかを見極めましょう。こういった点検や調査は、何も火災に対してだけ行われるものではありません。地震が起こることもあり、それで液状化現象が起きることも多いのです。液状化対策をしていれば、地下水がある地域でも安心して暮らせます。液状化対策のプロに任せることで、安全な建設物を作っていきましょう。

資格者と責任者

男女

防火対象物点検は、必ず専門的な知識を点検資格者が行なう事になっています。そして、統括防火管理をしている人も一緒になって取り組まなければ意味がありません。ビルの安全を守る責任がある為です。

もっと読む

きっかけは2001年

ヘルメット

過去に発生した火災事故がなければ、ビル管理について考える事は無かったと考えられます。これらの教訓を活かす事で、これからの生活に安全なビルを建てられるのです。その為にもしっかりと取り組んでいかなければなりません。

もっと読む

調査の大切さを知る

工事

地質調査を行なうことで土質汚染を防ぐことができます。前もってケアができるので公害を引き起こす前に改善できるでしょう。一度汚染してしまうともとに戻すのは難しいので前もって知識を持っておくべきです。

もっと読む